読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

疑心暗鬼になった男の末路/黒澤明監督「蜘蛛巣城」

黒澤明映画の中でも評価の高い作品の一つに、「蜘蛛巣城」があります。 シェイクスピア「マクベス」をもとにして作られた作品であり、黒澤明による映像や、日本の戦国時代に置き換えた内容は、今見ても色あせることはありません。 「蜘蛛巣城」について、ど…

サントリー胡麻麦茶でもCM。三船敏郎と加山雄三出演/赤ひげ

黒澤明監督が誇る有名な作品の一つに「赤ひげ」があります。 黒澤明監督の白黒映画最後の作品であり、医療を通じて、その当時の人間模様を描き、同時に、現代の我々にとっても色あせることのない金言が含まれた作品です。 サントリーの胡麻麦茶でも、三船敏…

解釈しても藪の中?/黒澤明「羅生門」

果たして真実は何だったのか。 芥川龍之介による「藪の中」を原作にした澤明の傑作映画の一つ「羅生門」は、人間の業を見事に描いている作品です。 一人の男が殺され、現場にあったはずの高価な短刀が失われた。 その変えられない客観的な事実があるものの、…

「古典名作入門 立場の異なる男たち/黒澤明「七人の侍」

世界のクロサワを代表する作品の一つといえば、「七人の侍」をあげない人はいないことでしょう。 3時間を20分にも及ぶ上映時間ながら、その長尺を感じさせないつくりは、何十年経っても古びることはありません。 そんな、歴史的傑作である「七人の侍」で…

何をもって人は生きるのか/黒澤明「生きる」

名作中の名作、黒澤明監督「生きる」を紹介します。 白黒映画ということで、敬遠してしまう方もいるかと思いますが、面白い映画は、見ているうちに白黒映画っていうことを忘れてしまうものです。 わざと白黒にして効果をねらう映画もありますし、一概に白黒…

スポンサードリンク