読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

マイルを貯める人生/マイレージ・マイライフ

マイレージ、マイライフ [DVD]


ジョージ・クルーニーが主演。ゴールデングローブ賞脚本賞を受賞。圧倒的な脚本の力とテンポのいい編集によって一気に引き込まれる作品「マイレージ・マイライフ」。

あらすじなどでは、年間322日も出張し、リストラを言い渡す「宣告人」をやっている主人公が、出会いの中で、ないがしろにしていた繋がりに気づかされる、みたいな書き方をされていたりします。

たしかにこの作品はヒューマン系の作品ですが、そんな、曖昧ないい話しなどではありません。

何よりいいのが、その脚本の構成力。

ついつい、ヒューマンな感じなんでしょ? 恋愛ものか?と敬遠したくなる本作品について、その魅力を語ってみたいと思います。

 

続きを読む

やくざフレンズ 『アウトレイジ 最終章』2017年10月公開予定

北野武監督の唯一のシリーズ映画『アウトレイジ』の最新作にして最終作(予定)の『アウトレイジ 最終章』が2017年10月7日に公開されます。監督の実に18本目の作品です。

本項では現時点で分かっている情報を簡潔にまとめ、映画公開に向けて静かにテンションをあげていきたいと思います。

この特報映像ではストーリー的にはあまり情報がありませんね。

もう少しすると予告編的な少し長めの映像が公開されるはずなのでそれまで待機ですね。

新たなキャスト陣、馴染みのキャスト陣

アウトレイジ』といえばキャスト陣による怒鳴りあい・罵りあいが注目されています。やくざによるやくざのための暴言のドッジボール。「広島弁シェイクスピア」とも呼ばれた流麗な『仁義なき戦い』の笠原和夫による脚本とは異なり、その場の思いつきでセリフをつける北野武ならでなのリアルな(直情的な)演出です。

そんなやくざなフレンズを演じる魅力的な役者が今回も新たに追加されています。

 

大森南朋

その印象的な顔つきから「あれ、アウトレイジでてなかったっけ?」と思ってしまうほどの存在感を放つ大森氏。北野監督作品『DOLLS』では主人公の同僚役として、『アキレスと亀』では画商として登場しています。

今作では韓国・済州島グループヤクザとして大暴れしてくれそうです。

 

大杉漣

北野映画の常連といえばこの方。近年はごぶさたのようで『監督・ばんざい!』以来10年ぶりの登場となります。 なんと今作では花菱会の新たな会長として登場。揺れる花菱会内部でどのように戦い、韓国側との抗争をどう持って行くのか。その手腕に注目です。

 

原田泰造

意外な起用という感じですね。体格がいい感じなのでヤクザ役は合っているといえば合ってますね。花菱会組員として登場となりますが元々顔が優しい感じなので、悲惨な結末を迎えそうな気もしないではないです。

続きを読む

人生はクイズだ! /ダニー・ボイル「スラムドック・ミリオネア」

スラムドッグ$ミリオネア (字幕版)

 

「スラムドック$ミリオネア」といえば、岩を手に挟まれたことで遭難してしまった孤独な男を描いた「127時間」や、スコットランドの若者がドラックにおぼれながら前に進もうとする姿を描く「トレインスポッティング」などで有名な監督である、ダニー・ボイル監督がアカデミー賞を受賞するにいたった記念的な作品です。

インドのスラム街出身の若者が、クイズに答えると莫大な賞金がもらえるテレビ番組に出場し、あと一問で最高の賞金を手に入れるところから話しはフラッシュバックします。

少年は、果たしてインチキをやったのか。なぜ少年は、学者ですらクリアすることができない問題をとくことができたのか。

続きを読む

安藤サクラがボクシング/「100円の恋」解説

百円の恋 [DVD]

 

何もしたいことがない。何かに流されて生きている。一生懸命になったことがない。

人というのは、自分がどうしたらいいのかわからないまま年月を重ねてしまうものです。

安藤サクラが主演した「100円の恋」は、そんなどうしようもないところまで落ちてしまった女性が、初めて強く意思を持つ物語です。


ある意味において、ゼロ年代の世界をそのまま映像にしたような作品出るため、わかる人には凄まじい共感を呼び、わからない人、とくに外国の人間であれば、おそらく、登場人物に感情移入することすら困難でしょう。

続きを読む

松方弘樹主演作、次々続々DVD化!

2017年1月に亡くなった松方弘樹の絶版・入手困難な主演作が次々とソフト化されています。

これまでは有料動画配信サイトなどで観られたものの実際に手元に置いておきたいというファンの方は嬉しいことですよね。

 

簡単に特集してみます。

まずは「松方弘樹脱獄三部作」と呼ばれているシリーズから2本。

『脱獄広島殺人囚』と『強盗放火殺人囚』です。

脱獄広島殺人囚 [DVD]

脱獄広島殺人囚 [DVD]

 
強盗放火殺人囚 [DVD]

強盗放火殺人囚 [DVD]

 

『脱獄~』、『強盗~』のどちらともVHSでも販売されていましたが当然のごとく入手困難。物好きなファン以外は気軽に視聴できない状態でした。有料動画配信サイトが存在感を増すことでこの両作品とも廉価で視聴できるようにはなっていましたが再ソフト化が長年待ち望まれていました。私としては動画配信サイトで数百円でいつでも観られるならそれで十分、という気持ちでしたが実際にDVD化されるとなると気分があがりますね。つまりそれは、TSUATAYAさんなど一般のレンタル店でも見かける可能性が高くなるということですから。素晴らしいことです。

ちなみに両作品のレビューはこちらでございます。

cinematoblog.hatenablog.com

cinematoblog.hatenablog.com

ちなみにですが3部作の残り1作品は去年、DVD化されています。

暴動島根刑務所 [DVD]

暴動島根刑務所 [DVD]

 

シリーズ未見の方は、まずはこの『暴動島根刑務所』から入るのが分かりやすいと思いますよ!

 

さらなるレア作品もソフト化されました。

『広島仁義人質奪回作戦』。これも元々VHSにはなっていましたし、最近有料動画配信サービスにもラインナップされました。

広島仁義 人質奪回作戦 [DVD]

広島仁義 人質奪回作戦 [DVD]

 

松方アニキと小林旭の熱い演技を観ることが出来ます。それほど知名度が高いわけではありませんが画面構成などあまりその他の任侠・ヤクザ映画には観られない部分がありますので、幾つかヤクザ映画を観てそのパターンを頭に入れてから観るとより楽しめると思いますよ!

レビューはこちらです。

cinematoblog.hatenablog.com

さらにさらにヤクザ映画以前の松方アニキの美しい姿を堪能できるこちらの作品。

眠狂四郎 円月殺法 [DVD]

眠狂四郎 円月殺法 [DVD]

 
眠狂四郎 卍斬り [DVD]

眠狂四郎 卍斬り [DVD]

 

松方アニキによる眠狂四郎シリーズ。こちらは恥ずかしながら私は未見でしたのでこの機会にしっかりと鑑賞したいと思います。

ここらへんの作品も『仁義なき戦い』以前の松方弘樹を堪能出来ます。

元々東映作品やNHKのドラマにでていましたが大映にレンタルされている間に主演した作品群です。こののち東映に復帰して中島貞夫監督や深作欣二監督などとともにヤクザ映画を盛り上げていくんですね。

秘剣破り [DVD]

秘剣破り [DVD]

 
刑務所破り [DVD]

刑務所破り [DVD]

 
二代目若親分 [DVD]

二代目若親分 [DVD]

 
兇状流れドス [DVD]

兇状流れドス [DVD]

 

 

春日太一による松方本もkindleにて販売されております。70ページにまとまって300円というお手軽価格。ありがたいですね。

名著『映画の奈落』を書いた伊藤彰彦の関わったこちらのインタビュー本は奇しくも死の三週間後に発売されました。このような特集本が販売されるということが松方アニキのスター性をあらわしていますね。

無冠の男  松方弘樹伝

無冠の男 松方弘樹伝

 

 

というわけで簡単にですが最近の松方弘樹関連商品をご紹介致しました。これからの彼の雄志を楽しむことが出来るのは素晴らしいことだと思います。若い人にも女性にも是非観ていただきたいです!

 

渡瀬恒彦『鉄砲玉の美学』まさかのDVD化! 

渡瀬恒彦氏が亡くなった影響と思われますが主演作のDVD化が次々と発表されました。

せっかくなのでわかっている限りの情報をここにまとめてみます!

 

まずはまさかのDVD化!『鉄砲玉の美学』!

鉄砲玉の美学 [DVD]

鉄砲玉の美学 [DVD]

 

これまではGYAO!でその都度購入すれば観られましたが初のソフト化となりました。有料動画配信サービスだと唐突に配信が終わることもなくはないので、手元に置けるようになるのは素晴らしいですね。独立プロダクションでの製作ということもあって権利関係が不透明だったからかこれまでソフト化は見送られていたようですが恒彦氏の主演作ということもあり、このタイミングでの発売となりました。

レビューはこちらです。

cinematoblog.hatenablog.com

 続いてレアな作品をご紹介致します。

殺し屋人別帳』。1970年公開の渡瀬恒彦初出演にして初主演の映画です。監督は石井輝男。企画・岡田茂、天尾完次、脚本・掛札昌裕石井輝男といったそうそうたる顔ぶれ。恒彦、推されてますね。

この作品は自分も観たことないので今回のソフト化はとても嬉しいですね。

殺し屋人別帳 [DVD]

殺し屋人別帳 [DVD]

 

 さらにこの作品の続編。

 『監獄人別帳』。まとめて観たいですね!

監獄人別帳 [DVD]

監獄人別帳 [DVD]

 

 さらにさらに今度は渡瀬恒彦主演のドラマ。

大激闘マッドポリス'80/特命刑事 コンプリートDVD

大激闘マッドポリス'80/特命刑事 コンプリートDVD

 

伝説のドラマ『大激闘マッドポリス'80』。とその続編の『特命刑事』をあわせたコンプリートボックス。数年前にも商品化されましたが今回は廉価版として発売されるようです。東映制作の一風変わったアクション刑事ドラマです。僕もこちらは未見なのでしっかりみたいと思います。

 

続いては番外編ということでCD。

渡瀬恒彦 ベスト CRC-1833-SS

渡瀬恒彦 ベスト CRC-1833-SS

 

 恒彦アニキの美声を堪能できるCD。これも貴重ですね!速やかにゲットでございます。

 

というわけで渡瀬恒彦氏が亡くなったことにより、商売気のある?東映がレア作品をリリースしてくれるという情報でした。最近は東映のヤクザ俳優が亡くなって、その主演作がソフト化される流れが定着していますね。悲しい反面、観ることが難しかった作品を手軽に観られることは一ファンとしては嬉しいことですし、作品を世の中に残すことも出来るので歓迎したいです。

ロビン・ウィリアムズの代表作/ミセス・ダウト

 ミセス・ダウト (字幕版)

ロビン・ウィリアムズといえは、若くして亡くなってしまいましたが、その俳優としての存在感や、演技力についてはずば抜けたものがある個性派俳優です。


ガープの世界」「今を生きる」「フィッシャーキング」など、名だたる名作に出演した彼ですが、とりわけ有名であるのがクリス・コロンバス監督「ミセス・ダウト」です。

テレビのロードショー等でも何度も放送されており、見たことのある人も多いかと思われます。

ロビン・ウィリアムズ演技力と、当時の特殊メイクのすごさ、そして一人の男の成長を存分に味わうことができる作品である本作品の魅力について、語ってみたいと思います。

続きを読む
スポンサードリンク