シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

たんなる感想。ベストキッド3 最後の挑戦  

「ベストキッド」シリーズは、ダニエルさんと、ミヤギがメインでの出演作としては、3が最後となっています。 謎の東洋人であるミスターミヤギと、ひ弱だった少年ダニエルさんとの友情が語られるシリーズであり、シリーズ2作目の時点ですでに怪しかった雰囲…

もはや笑うしかない。ベストキッド2。感想  

「ベスト・キッド」は、通信空手を二か月しかやっていなかった少年が、空手不良少年たちに目をつけられながらも、謎の日本人ミスターミヤギに稽古をつけてもらって、少年空手大会で優勝するまでを描いた作品です。 その修行の意外さ、面白さ、日本人とアメリ…

感想&解説。真似したくなる。映画ベストキッド(1984)

空手の修行シーンがとにかく有名な「ベスト・キッド」。 冊にペンキをぬる動作や、車にワックスをかける何気ない動作こそ、実は、空手の訓練になっていたのだ、という驚きの事実は、当時見ていた多くの人たちに衝撃を与えたものでした。 さて、実はベスト・…

劇場版を見る前の復習に。アニメ版総集編「メイドインアビス」感想

つくしあきひと氏による漫画「メイドインアビス」。 その劇場版アニメである「メイドインアビス 深き魂の黎明」が公開されているわけですが、本作品をみるにあたって、原作を読んで復習したいところ。 できれば雰囲気をつかみなおすためにも、アニメで見返し…

仁義を刻む。感想&解説。渡哲也主演「仁義の墓場」。

渡哲也といえば、「西部警察」として思い出す人が多いとは思いますが、東映におけるやくざ映画の傑作の一つである「仁義の墓場」も見逃すわけにはいかない作品となっています。 東映初主演として作られた「仁義の墓場」ですが、今の時代であれば考えられない…

残されたものの悲しみ。感想。劇場版総集編アニメ「オーバーロード」

異世界転生ものというジャンルは、数えきれないぐらい大量にでてきており、近年においては、その内容も細分化が進んできています。 そんな中、2010年からウェブ上で公開され、現代に続く異世界転生ものの中では必見の作品となっているのが、「オーバーロ…

ゲーム的ループの傑作。映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

ライトノベルス原作でありながら、トム・クルーズ主演でハリウッド映画化されたことで有名な「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。 「よくわかる現代魔法」でお馴染みの桜坂洋氏によって書かれた本作品は、いわゆるほかの作品のループものと呼ばれる作品や…

スポンサードリンク