シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

どちらから見るか。/クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」

父親たちの星条旗(字幕版)

 

 クリント・イーストウッド監督が硫黄島プロジェクトと称して作成した2部作品。

父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」について、主に父親たちの星条旗をメインにしながら、どのような物語かを解説していきたいと思います。

突然、英雄になってしまったとき、人はどのような末路を迎えるのか。

英雄と言う名のプロパガンダになってしまった人間が、どんな苦悩を抱えてしまったのか、フラッシュバックする想いを読み取ってみたいと想います。

 

続きを読む

マエダ・エスカープメント/メル・ギブソン監督「ハクソーリッジ」

 Hacksaw Ridge [Blu-ray]

 

本作品は、「アポカリプト」以来となるメル・ギブソン監督作品となっています。

メル・ギブソンといえば、オーストラリア映画を一気に広めたジョージ・ミラー監督による「マッドマックス」に主演し、映画監督としても数々の作品をつくりだしてきた人物です。


キリストがシオンの丘に行き磔になる一連の出来事を描いた「パッション」や、マヤ文明時代の人狩りをモチーフにした「アポカリプト」をつくり、痛々しい作品を作り出してきた監督が、第二次世界大戦の中でも、激戦地の一つとして知られている「前田断崖」での戦いを生々しく描いた作品となっています。

 

この作品は、反戦映画としてみることもできますが、それだけにとどまらない魅力がありますので、そのあたりも含めて語ってみたいと思います。

続きを読む

恋をしたほうが負け/キューブリック版「ロリータ」

ロリータ (字幕版)

 

スタンリー・キューブリック監督といえば、神という存在を示した「2001年宇宙の旅」や、夫婦円満の秘訣を描いた遺作「アイズ・ワイド・シャット」、ジャック・ニコルソン主演「シャイニング」から「フルメタル・ジャケット」など、あらゆるジャンルにおいて金字塔をうちたてている、偉大すぎる監督です。

そんなキューブリック監督が、1962年につくったのが「ロリータ」です。


記事を読んでいただくまえに断っておきますが、「ロリータ」は少女偏愛のあまり破滅に進んでしまう悲しい中年男性を描いた作品ではありません。

性的な描写はほぼ皆無です。

原作となるロシア人作家V・ナボコフによる小説とはテーマが異なりますので、「ロリータ」を通じて、キューブリック監督が何を描きたかったのかを含めて解説してみようと思います。

 

続きを読む

ライプスタッフ。老人だって宇宙を目指す/スペースカウボーイ

スペース カウボーイ(字幕版)

 

 クリント・イーストウッド監督は、「ダーティー・ハリー」シリーズなどにおいて俳優として有名ですが、ハリウッドの中でも数少ないA級監督の一人でもあります。

映画を見終えた後にも余韻が残るのが特徴の一つであり、映画を見終えたあとで考え直すことができる作品ばかりを作っています。

ですが、そんなクリント・イーストウッド監督の中で「スペース・カウボーイ」はすこしばかり様相が異なります。エンターテインメント寄りともいえる本作品について、考えてみたいと思います。

続きを読む

家族はお互いが異星人/映画 美しい星/感想

美しい星 (新潮文庫)

 

吉田大八監督による三島由紀夫原作「美しい星」。

主演を務めるのは、「おでんくん」や「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン」で有名であり、俳優としても実力を発揮するリリー・フランキーです。

現代に蘇った三島由紀夫の作品がどのように展開されていくのか。

どういったところを楽しむべきなのかを含めて、考えてみたいと思います。

 

続きを読む

やくざフレンズ 『アウトレイジ 最終章』2017年10月公開予定

北野武監督の唯一のシリーズ映画『アウトレイジ』の最新作にして最終作(予定)の『アウトレイジ 最終章』が2017年10月7日に公開されます。監督の実に18本目の作品です。

本項では現時点で分かっている情報を簡潔にまとめ、映画公開に向けて静かにテンションをあげていきたいと思います。

この特報映像ではストーリー的にはあまり情報がありませんね。

もう少しすると予告編的な少し長めの映像が公開されるはずなのでそれまで待機ですね。

新たなキャスト陣、馴染みのキャスト陣

アウトレイジ』といえばキャスト陣による怒鳴りあい・罵りあいが注目されています。やくざによるやくざのための暴言のドッジボール。「広島弁シェイクスピア」とも呼ばれた流麗な『仁義なき戦い』の笠原和夫による脚本とは異なり、その場の思いつきでセリフをつける北野武ならでなのリアルな(直情的な)演出です。

そんなやくざなフレンズを演じる魅力的な役者が今回も新たに追加されています。

 

大森南朋

その印象的な顔つきから「あれ、アウトレイジでてなかったっけ?」と思ってしまうほどの存在感を放つ大森氏。北野監督作品『DOLLS』では主人公の同僚役として、『アキレスと亀』では画商として登場しています。

今作では韓国・済州島グループヤクザとして大暴れしてくれそうです。

 

大杉漣

北野映画の常連といえばこの方。近年はごぶさたのようで『監督・ばんざい!』以来10年ぶりの登場となります。 なんと今作では花菱会の新たな会長として登場。揺れる花菱会内部でどのように戦い、韓国側との抗争をどう持って行くのか。その手腕に注目です。

 

原田泰造

意外な起用という感じですね。体格がいい感じなのでヤクザ役は合っているといえば合ってますね。花菱会組員として登場となりますが元々顔が優しい感じなので、悲惨な結末を迎えそうな気もしないではないです。

続きを読む

安藤サクラがボクシング/「100円の恋」解説

百円の恋 [DVD]

 

何もしたいことがない。何かに流されて生きている。一生懸命になったことがない。

人というのは、自分がどうしたらいいのかわからないまま年月を重ねてしまうものです。

安藤サクラが主演した「100円の恋」は、そんなどうしようもないところまで落ちてしまった女性が、初めて強く意思を持つ物語です。


ある意味において、ゼロ年代の世界をそのまま映像にしたような作品出るため、わかる人には凄まじい共感を呼び、わからない人、とくに外国の人間であれば、おそらく、登場人物に感情移入することすら困難でしょう。

続きを読む
スポンサードリンク