シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

人は人を裁けない。感想&解説 是枝裕和監督「3度目の殺人」

三度目の殺人

 

是枝裕和監督は、戸籍にのらない子供とネグレクトの親を描いた「誰も知らない」や、子供の取り違えから親子とはどういうものかを問うた「そして父になる」などが有名です。

特に、近年では「万引き家族」にてカンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞するといった快挙を成し遂げています。

監督のみならず脚本や編集も手掛けていることもって、物語の構成については抜群の実力をもった人物です。


そんな是枝監督による、「3度目の殺人」は、殺人をしたにもかかわらず、のらりくらりと証言を変えていく謎の男に翻弄される男の物語となっています。

法廷ものなのか、と思う人もいるかと思いますが、本作品は、もっと危険なことを描き出した作品となっていますので、そのあたりを解説しつつその魅力に迫ってみたいと思います。

 

続きを読む

広瀬すず主演オススメ映画 チアダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話

 

本作品は、2009年にアメリカのチアダンス選手権大会で優勝をした実際の話を基にして映画化したものとなっています。

物語として演出はあるものの、青春とはどうあるべきか、人間というのは熱中するものがあることでどのように変わっていけるのか、ということを描き出した、青春映画の良作となっています。

広瀬すずが主演をしており、ちょっと、若い子たちのおちゃらけた映画だと思って見逃していたらもったいないので、本記事で魅力の一端を解説してみたいと思います。

 

続きを読む

戦中の同姓愛に踏み込んだ意欲作 山田洋二監督「ちいさいおうち」

小さいおうち

「ちいさなおうち」は、中島京子による直木賞受賞作品を、山田洋次監督によって映画化した豪華な作品となっています。

戦争中に、旦那の部下と恋に落ちてしまうという昼ドラのような展開を、女中であるタキという女性の自叙伝によって、半世紀近くたってから語られることになる、というミステリアスな設定でつくられています。

タキが戦前の日本でみたものとはいったいなんなのか。彼女が、死ぬ間際までもっていたものとはいったい何を意味するのか。

そんなあたりを解説しつつ、考えてみたいと思います。

 

続きを読む

サブカル系男子必見 映画「モテキ」

モテキ

 

漫画原作である本作品は、ドラマ化を経て、さらに映画化もされました。

映画「モテキ」では、原作のキャラクターのいいところを凝縮し、物語的にも、小道具や歌をうまくつかった、素晴らしいできとなっています。

今回は、映画「モテキ」における楽しみかたを解説しつつ、ある時代をうまく切り取っているその面白さを見ていきたいと思います。

続きを読む

ネタバレ解説。コメディ傑作。面白さの理由は。カメラを止めるな!

【Amazon.co.jp限定】カメラを止めるな!  [Blu-ray] (バンドル特典:カメラを止めるな!  Tシャツ (オレンジ・ フリーサイズ)付)(「ONE CUT OF THE DEAD 現地リハーサル通しver.」DVD付)

 


カメラを止めるな!」は、製作費300万程度というものすごい低予算でつくられている映画でありながら、数々の映画館で放映が行われているヒット映画です。

ゾンビ映画を撮影中に、本物のゾンビがまじっていたら、という劇中劇で行われるドタバタ作品を、37分のワンカットでとるという技術的にはすごくです。

ですが、はたしてそこまで面白いのか、という半信半疑な中で気にしている人も多いのではないでしょうか。


この作品は、ネタバレをしても面白いですが、事前情報なしでみたほうがはるかに驚きがありますので、まだ作品を見ていない方は、ネタバレ前の記事をみた後で、再び本記事に戻ってきていただければと思います。

 

cinematoblog.hatenablog.com

 


では、この記事は、ネタバレをふんだんにいれながら解説をし、その面白さの要因や、おすすめの映画を含めて語っていきたいと思いますので、スタッフ全員が一丸となって映画をつくるように、映画をみたわれわれもまた、楽しみを共有することで、もう一つの映画を語ってみたいと思います。

続きを読む

ネタバレなし解説 面白い?つまらない? カメラを止めるな!

カメラを止めるな! 【B2変形サイズオリジナルポスター付】

 

各所で話題沸騰の「カメラを止めるな!」ですが、あまりの面白さと、その脚本の巧妙さから、ネタバレをするのが惜しくなる作品となってしまっています。

どんな映画かわからないけど、自分と合うかどうかもわからない、といった方の為に、一般的にこういうものではないか、というイメージをもとに作品を紹介してみたいと思います。

ネタバレ解説については、別の記事で紹介します。

続きを読む
スポンサードリンク