読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

安藤組vs国家権力 『実録安藤組 襲撃篇』(1973年)

本作は『やくざと抗争 実録安藤組』に続く、実録安藤組シリーズの一本です。

前作の終盤において安藤昇たちは安藤組(作中では矢頭組)を結成しました。その後、表向きは一企業として看板を掲げた安藤たちに組の未来を大きく左右する事件が起こりました。

 

実録安藤組 襲撃編 [VHS]

実録安藤組 襲撃編 [VHS]

 

 

安藤組、襲撃す。

監督は前作に続いて佐藤純弥監督。

前作は東京のやくざとの抗争が全編を貫いていましたが、今度の敵は経済界、そして警察となり、史実である横井(映画内では中江)襲撃と逃亡が描写されています。

 

まずは前作との違いについて。

激しいバイオレンスシーンが目をひいた前作でしたが、今回は血しぶきが舞うシーンはほとんどありません。ですので、前作のように血で血を洗う抗争劇を期待してると肩透かしを喰らいます。

 

先ほど書いて通り、今回の相手はあくどい経済界と、それにくっつく国家権力です。正面きってドンパチするわけにはいきません。

 

しかしながら、襲撃やその後の逃亡を「×日、○時△△分」という字幕の挿入とともに追えるので、よりリアルな/ドキュメンタリーチックな作品になっています。

 

スポンサードリンク

?

前作の冒頭では学生服を着ていた安藤昇ですが、今作では社員とともにぴっちりスーツを着こなしています。室内で射撃をするという大変困った(?)安藤社長ですが、その銃の腕前は葉山での射撃訓練とこの室内でのシーンで見せるくらいで、暴れまわったりはしません。安藤社長も大人になったということでしょうか。

 

いえいえ、そうではありません。ひょんなことから中江を脅すことになった安藤社長ですが、中江のゲスな態度に立腹。交渉は決裂し、「殺っちゃいましょうよ」とそそのかす社員を尻目に中江の腕を撃ち抜いて安藤組の名を経済界に知らしめようと決意します。

 

組員に襲撃を命じ、ほぼ目論見どおりにことは運びます。が、これからが大変。暴力団のトップを取り締まることで組織の弱体化を狙う警察は、安藤昇本人を首謀者と定め、執拗な追跡をはじめます。

安藤組、逃亡す。

 予想以上に警察の対応が早かったため、焦り気味の安藤昇でしたが、梅宮辰夫扮する矢崎らとともに全国を逃亡します。

その途中、中江以上の経済界の大物天野会長(モデルは東急でおなじみの五島慶太)におじき分の児島(丹波哲郎)を通じて一億円を要求。しかしこれは失敗してしまいます。天野は警察のみならずヤクザまでもボディーガートとして雇い身を固めます。直接命を狙うことは難しくなってしまいました(後に、組員が一人で天野を殺そうとしますが、周辺を警備していたヤクザたちによって蜂の巣にされてしまいます。しかも警察公認で)。

 

安藤は主に愛人の家を転々とするなど逃亡生活が続きます。

役者の卵である若い愛人との悲しくもすがすがしくもある別れのエピソードなども挟み、いよいよ安藤組は追い詰められていきます。

安藤組、観念す。

店を持たせていた愛人の圭子が逮捕され、執拗かつ心情に訴えかける巧みな警察の取調べに耐え切れず、安藤の近況を話してしまう。

安藤らはいったん戻ってきた東京から葉山に向けて逃走を図る。巧みな変装のアイデアで検問を通り抜ける安藤。

しかし、指名手配されていた矢崎ら幹部連中が次々と警察に捕まっていく。

安藤自身も、警察を煙に巻くために東京を脱出したはいいものの、その逃亡生活に疲労を感じていたのかもしれない。

部下と穏やかに将棋を指しているところを警察に包囲される。

最後は銃をぶっぱなして最後の抵抗か!?と思わせつつも、あっさりと身柄も拘束される。

そのあとには安藤昇の財界・国家権力という「大きな相手」に向かっての怒りの演説で映画は終わる。

静かな実録映画

というわけで映画全体を振り返りましたが、やはり実録ものとしては銃撃シーン・抗争シーンの少なさが特徴的です。

ただ、安藤昇のリアルにリアルを重ねる演技を堪能できるのも事実です。

襲撃後の逃亡パートをどう評価するかによって作品全体の評価も変わってくると思いますが、私としては警察との対決をどう最後まで持っていくかハラハラしながら楽しめました。

ほぼ同じ内容を扱いながらより過激に描写された『安藤昇のわが逃亡とSEXの記録』(監督は田中登)という、どうかしてるんじゃないかというタイトルの映画もありますので、安藤昇に惹かれた方はぜひこちらの作品もご覧下さい。2016年6月にまさかのDVD発売予定ですし。

 

安藤昇を語る際に外すことの出来ない、横井襲撃事件。その結末までを描いた本作は残念ながらDVD化されていません(ただし、安藤作品のDVD化が続いてますのでこれからに期待)。視聴方法としてはU-NEXTやGYAO!ストアなどがありますので、いつでも自宅で楽しむことができますので是非!

cinematoblog.hatenablog.com

 

スポンサードリンク