読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

爆裂!相米ワールド 『ションベン・ライダー』(1983年)

『ションベン・ライダー』。 相米慎二の三作目(『翔んだカップル』、『セーラー服と機関銃』に続く)であり、主演をつとめた河合美智子と永瀬正敏にとってはデビュー作(主要登場人物である少年少女のもう一人は坂上忍)。 不可解にしてエネルギーに満ち溢…

インテリヤクザはお手の物!! 成田三樹夫特集!!

本日はやくざ映画で大活躍した個性派俳優・成田三樹夫さんについて書いていきたいと思います。 一目みたら忘れられない風貌で人気となった成田氏。今でもファンは多いです。 鯨の目―成田三樹夫遺稿句集 作者: 成田三樹夫 出版社/メーカー: 無明舎出版 発売日…

相米慎二監督、デビューす。 『翔んだカップル オリジナル版』(1982年)

『翔んだカップル オリジナル版』は1980年に公開された『翔んだカップル』のディレクターズ・カット版で15分ほど長くなっております。 相米監督のデビュー作でもあり、鶴見辰吾・薬師丸ひろ子の初主演作品という初々しい作品です。 その後、開花することにな…

10年目の夫婦が乗り越えること/「アイズワイドシャット」解説&感想  

アイズワイドシャットは、かの巨匠スタンリー・キューブリック監督の遺作となる作品です。 トム・クルーズとニコール・キッドマンという二人の名優が共演し、当時、実際に二人が夫婦だったということもあって、実に生々しく、心に食い込む映画になっています…

汚れちまった悲しみに・・・ 『ゴジラ対ヘドラ』(1971年)

本日はゴジラシリーズ11作目『ゴジラ対ヘドラ』(監督・板野義光)を取り上げます。 みんな大好きゴジラ作品の中でも一際異彩を放つ本作。果たしてどのような内容なのでしょうか。 われわれが生み出した怪物・ヘドラ ヘドラはもともとは宇宙から飛来した鉱物…

やくざだけど野球をやってみた。 岡本喜八『ダイナマイトどんどん』(1978年)

今回ご紹介する映画は岡本喜八監督の『ダイナマイトどんどん』。 戦後、民主主義がアメリカから持ち込まれたことにより、それまでの血で血を洗う「抗争」から「野球」でやくざ同士を競わせて、平和的に社会に溶け込ませるという内容。 実際に東映などの任侠…

相米慎二、かく語りき。 『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982年)

今回は本編公開の翌年に公開された薬師丸ひろ子主演の『セーラー服と機関銃 完璧版』について語りたいと思います。 四代目は女子高生 『完璧版』とは編集の段階で切り落とされた部分を追加したディレクターズカット版です。本編が予想外の大ヒットを記録した…

あの時君は若かった!? 『仁義なき戦い』の役者は撮影時、何歳だったの?

どう見てもカタギの方とは思えない俳優陣が迫力ある演技を披露する『仁義なき戦い』。特に第一部は山守組内部抗争の歴史(10年以上)をスリリングに描写していて、荒波にもまれたようなカメラの動きに呼応するように役者たちもノリノリな演技を見せてくれま…

狂犬・渡瀬恒彦のたたずまい

今回は俳優・渡瀬恒彦氏の若かりし頃(つまりは東映のヤクザ映画に出演していた頃)の溢れる魅力について書きます。 渡瀬恒彦の魅力とは? まずはなんといってもその「眼の力」。 彼の演じるチンピラがなぜ魅力的かというとその眼の鋭さ/凶暴さにあります。…

五部作、堂々の完結! 『仁義なき戦い 完結篇』(1974年)

今回は『仁義なき戦い』シリーズのラスト作品である、五作目の『完結篇』を取り上げます。 各組織の逮捕により収束したはずの広島抗争。しかし、これまで闘争の中心であった広能や武田より若い世代が次第に台頭しはじめ、まだまだ広島やくざの争いは終わりそ…

キャッチボールは親子の会話/フィールドオブドリームス

野球については全然知らない人間でも、夢を持つことの大切さや、親子の絆を感じ取ることができる、野球を題材にした傑作映画こそが、「フィールドオブドリームス」です。 それを作れば、彼は来る。 ある日突然、ケビン・コスナー演じる主人公の男レイは、謎…

シリーズ4作目! 『仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年)

前作『代理戦争』から引き続き、大規模抗争が描かれる本作。今回は警察側も黙っておらずそれぞれの組のトップ・幹部の逮捕による抗争の終結を狙った「頂上作戦」が展開されます。果たして広能はじめとする広島やくざたちはどうなるのでしょうか。 簡単なあら…

スーツは現代の鎧だ/マシュー・ヴォーン監督「キングスマン」  

靴のかかとを勢い良く合わせると、毒つきナイフが飛び出る。 数万ボルトの電流が流れる指輪や、地下に張り巡らされた秘密機関の鉄道。 大爆発するライター。 ロンドンに存在する謎のスパイ組織「キングスマン」。普段はスーツの仕立て屋。しかし、その実態は…

シリーズ3作目! 『仁義なき戦い 代理戦争』(1973年)

番外編であるニ作目『広島死闘篇』を挟んだ三作目。一作目の実質的な続編となり、四作目『頂上作戦』とセットの作品でもあります。 ますます人間関係は複雑怪奇、抗争の規模も呉だけではなく広島市、そして神戸の大組織が絡んでくるなど波乱に満ちた展開が描…

菅原文太の五大シリーズを振り返ってみる

今回は映画俳優・菅原文太が東映にて遺した五つのシリーズもののを振り返ってまとめてみたいと思います。 どれも見ごたえがあり人気のあったシリーズですので興味がある方はどんどん掘り進めていって下さい!(ちなみに自分は今回とりあげた作品のうち、まだ…

父は待っている/クリストファー・ノーラン「インターステラー」感想&解説

かつての世界は、宇宙開発競争を征することこそが世界を先駆けることにつながると信じていました。 宇宙に飛び出し、月に到達した人類は、その副産物として様々な恩恵を得た。 そして、そらを見上げる少年・少女たちの心に、輝かしい未来を想像させたもので…

映画は暴力なり 深作欣二『仁義なき戦い』(1973年)

あまりに有名すぎる本作品。 深作監督語るところによれば、この作品のテーマは一貫して「暴力」。 その後の映画そのものに大きな影響を与えることになった、このビッグシリーズの一作目は、「暴力」が最もストレートに生き生きと観客の前に提示されます。 そ…

映画で見る明友会事件の裏表~表篇~ 『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』(1975年)

今回は明友会事件を取り扱った映画である『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』を取り上げます。監督は「将軍」こと山下耕作。 この作品では明友会事件を狩る側として柳川組組長をモデルとした主人公を演じる小林旭たちが登場します。 翌年公開された『実録外伝…

映画で見る明友会事件の裏表~裏篇~ 『実録外伝 大阪電撃作戦』(1976年)

今回は松方弘樹主演、中島貞夫監督・高田宏治脚本の『実録外伝 大阪電撃作戦』を取り上げます。 やくざの抗争事件の中に明友会事件というものがあり、大阪の愚連隊である明友会がそれとは知らずに山口組三代目にいちゃもんをつけ、そのために討伐隊が結成さ…

沖縄を舞台にしたヤクザ映画はだいたい傑作という説を唱え隊。

ヤクザ映画in沖縄 今回は沖縄を舞台にしたヤクザ映画をまとめてご紹介したいと思います。 やくざといえば網走刑務所、なんてイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。 確かに高倉健主演の『網走番外地』シリーズもありますし、北海道の閉ざされた雰囲…

やくざと役者は一字違い 安藤昇特集!!

本日は、かつて愚連隊/やくざのアタマを張りながらも引退、その後は役者や実業家として大活躍した異色の俳優、安藤昇をとりあげたいと思います。 安藤昇 90歳の遺言 作者: 向谷匡史 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/05/31 メディア: 単行本 この商…

ヤクザ、新たなる混乱を求めて 深作欣二『博徒外人部隊』(1971年)

今回は深作欣二監督の1971年の作品『博徒外人部隊』を取り上げます。 鶴田浩二主演で、「任侠映画からヤクザ映画」への移行期にあたる時期に撮られた作品です。 七人のやくざ、集合す ストーリーは非常に分かりやすいです。 横浜には、郡司(鶴田浩二)の所…

誰しもみんな悩んでる。/ブレックファストクラブ

アメリカのハイスクールというのは、階級がきっちりわかれています。 この場合の階級というのは、つきあう友達によって作り出される、自分の立ち位置のようなものです。 オタクな人間は、オタクとしかかわりをもちません。 スポーツマンは、スポーツマン。 …

Amazonビデオで観る激レアやくざ映画!!

最近はVHSでしか販売されていなかった商品も動画配信サービスで気軽に観られるようになりました。 一癖ある映画好きな方にも嬉しい時代になってきましたね。 特に地方に住んでいるとたとえ名画座にかかるような映画でもそもそもそんな名画座がないという…。…

松方弘樹VS小林旭 『広島仁義 人質奪回作戦』(1976年)

今回ご紹介する映画は、1976年公開の『広島仁義 人質奪回作戦』牧口雄二監督作品です。 牧口雄二といえば『玉割り人ゆき』(1975年)や『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(1976年)などを監督したカルト的に人気のある方で、やくざ路線の作品は本作のみかと思わ…

君は「松方弘樹刑務所三部作」を観たか?

東映には知る人ぞ知る、通称「松方弘樹刑務所三部作」というシリーズがあります。 名前どおり、松方弘樹主演で、主人公は基本的には刑務所で服役しています。ですが、刑務所内での待遇の悪さに苦しんだり、外への憧れを捨てきれずに何度も脱獄を繰り返すなど…

アシバー(沖縄やくざ)、喰らいあう 松方弘樹・千葉真一『沖縄10年戦争』(1978年)

第二次世界大戦前には存在しなかったといわれる沖縄ヤクザが、本土復帰を前に大同団結をし本土ヤクザの侵略に備えるものの、次第に内部分裂していくという内容の『沖縄10年戦争』。 沖繩10年戦争 [VHS] 出版社/メーカー: 東映ビデオ 発売日: 1987/04/10 メデ…

松方弘樹刑務所シリーズ最終作 『強盗放火殺人囚』(1975年)

今回は山下耕作監督『強盗放火殺人囚』を取り上げたいと思います。 なんと東映らしい直接的かつ刺激的なタイトルでしょうか。 しかも併映作品が『東京ディープスロート夫人』というちょっと頭がどうにかしたんじゃないかという素敵すぎる題名です。 この頃の…

エロとバカ/園子温監督「みんな!エスパーだよ」ドラマ&映画

「みんな!エスパーだよ」は、デトロイト・メタル・シティ等の代表作をもつ漫画家 若杉公徳氏の漫画です。 ある日突然エスパーに目覚めた少年が、その能力をつかって世界を救おうとするというほぼギャグとしか思えない設定でありながら、3巻のラストから一…

自分に自信のない男が見るべき映画/デットプール感想  

2016年6月1日より公開された映画「デッドプール」ですが、このユーモラスで真っ赤なコスチュームのふざけたヒーローが、どんな活躍を見せるのか。 どんなところが見どころかを含めて、感想をつづってみたいと思います。 おばかな物語が始まります。 デ…

実録やくざ映画・完結篇 松方弘樹・深作欣二『北陸代理戦争』(1977年)

本日は東映の実録やくざ映画路線の極北ともいわれる、『北陸代理戦争』(1977年)をとりあげたいと思います。 主演は松方弘樹、監督は深作欣二です。 北陸、福井を中心とした地元ヤクザの対立、そしてそれに絡んでくる大阪の巨大ヤクザ組織との戦いがスリリ…

キャリーもびっくり! 小川範子主演『魔夏少女』(1987年)

今回は特別篇として、TBSドラマ『魔夏少女』(1987年)を取り上げてみたいと思います。 ちなみに本作はDVDは作られてはいませんが(VHSは発売済み、当然絶版)、GYAO!ストアで8日間432円で楽しむことができます。視聴しやすいので非常にありがたいです。ふと…

戦争、だ~いすき 中島貞夫監督『沖縄やくざ戦争』(1976年)

本日は東映ヤクザ映画狂気の作品『沖縄やくざ戦争』(1976年、中島貞夫監督)を取り上げたいと思います。 血で血を洗う抗争! 『沖縄やくざ戦争』は激しすぎる実録映画 実録ヤクザ映画の一つとして位置づけられる『沖縄やくざ戦争』は現実に発生した抗争事件…

これぞ逆境! ゼロ・グラビティ

突然ですが、本当の意味で孤独になる、というのはどういう状況でしょうか。 2013年に公開され、ロードショーで地上波放送も行われることになった「ゼロ・グラビティ」。 この映画はたしかに宇宙を舞台にした映画ですが、一人の女性が、逆境を乗り越えて…

偏見を捨てるなら今!感想&考察 ズートピア

ディズニー映画といえば、やはり「アナと雪の女王」の超ミラクル大ヒットの印象がいまだにありますが、4月より公開されている「ズートピア」について、その見所や、脚本の出来の素晴らしさを踏まえた上で、考えてみたいと思います。 この物語は一見してみる…

友情・努力・勝利? 漫画は人を狂わせる/大根仁『バクマン。』

バクマンは、かつて「デスノート」で一斉を風靡した、小畑健と大場つぐみのコンビによる漫画家漫画です。 絵を書くことが好きな少年が、頭のいい友人に誘われて、強引に漫画家を目指すことになり、二人が夢を叶えるまでを描いています。 2012年に原作が…

この世の果てで恋を歌う青年/ミスターノーバディ ジャコ・ヴァン・ドルマルの世界その3

「ミスターノーバディ」は、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の最高傑作です。 2016年5月には、5年ぶりの新作「神様メールが」公開される予定ですので、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督を予習する意味でも、「ミスターノーバディ」は是非見ておきたい一作で…

ディカプリオ アカデミー賞受賞作品/レヴェナント:蘇えりし者

「レヴェナント:蘇えりし者」は、レオナルド・ディカプリオが5度のノミネートを経てようやくアカデミー主演男優賞を受賞した記念すべき作品でです。 アメリカ西部開拓時代の実在の人物を演じ、実際の冬山で行われた過酷なロケは、その裏事情を知らなくても…

渡瀬恒彦、弾ける。 中島貞夫『鉄砲玉の美学』(1972年)

ふざけるんじゃねえよ、ウサギじゃねえんだぜ。 『鉄砲玉の美学』は非常にレアな映画で、DVD化されていません。 一番簡単な視聴方法が、GYAO!ストアなどの動画配信サービスで購入(レンタル)する、というもの。 私もこの方法で視聴しました。家にいながらし…

ネタバレあり。彼は飛べたのか。バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  

「レヴェナント:蘇りし者」も日本公開されようとしている中、二年連続でアカデミー賞をとるという快挙をなしとげたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。 そのイニャリトゥ監督の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」について、…

吸血鬼の住宅事情。吸血鬼の暮らし方/シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

吸血鬼は、永遠に生きることはできる存在ではありますが、色々な制約があることでも有名です。 ・白木の杭で心臓を貫かれると死ぬ(人間でも死にます)。 ・にんにくが苦手 ・十字架が苦手 ・銀製品に弱い ・招かれないと家に入れない。 ・血を吸わなければ…

松方弘樹は刑務所を出る 『脱獄広島殺人囚』(1974年)

松方弘樹刑務所シリーズの第一弾!! 本作はあの『仁義なき戦い』シリーズで菅原文太が演じた広能のモデルである美能幸三から、脱獄を何度も繰り返した男がいるとの情報を入手した日下部五朗(東映のプロデューサー)のアイデアから生まれた作品です。 監督…

GYAO!ストアで映画をレンタルしてみた/プレミアムGYAO!を退会してみた

本日はGYAO!関連の体験記事を載せてみたいと思います。 まずは一つ目。 「GYAO!ストアで映画をレンタルしてみた」。 2月に華々しくスタートしたプレミアムGYAO!。 ヤフーのプレミアム会員でもあった私は4月末まで無料お試しができるとのことで入会してみまし…

仁義なき戦い 銀座篇  佐藤純弥監督『実録 私設銀座警察』(1973年)

今回は私が特に愛してやまない作品をご紹介したいと思います。 それは佐藤純弥監督『実録 私設銀座警察』でございます。 安藤昇、渡瀬恒彦、梅宮辰夫ら東映ヤクザ映画でおなじみの面々が戦後の混乱期から復興へ向けて沸く銀座を舞台に成り上がっていく様子を…

本当に仁義なき戦い 菅原文太『人斬り与太 狂犬三兄弟』(1972年)

仁義なき戦いよりも仁義がない 今回ご紹介する『人斬り与太 狂犬三兄弟』は深作欣二監督による作品です。従来の仁侠映画路線を意図的に外して「ワルすぎる」ヤクザを主役にし、本作と同じ深作・菅原コンビによる『仁義なき戦い』シリーズへと発展する記念す…

安藤組、解散  『安藤組外伝 人斬り舎弟』(1974年)

本日は実録安藤組シリーズの番外編である『安藤組外伝 人斬り舎弟』についてお話したいと思います。監督は中島貞夫、主演は番外編ということで(安藤昇ではなく)菅原文太です。 安藤組外伝 人斬り舎弟 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発…

シネマトブログ 紹介作品一覧ページ

シネマトブログで紹介した作品を1ページで紹介しています。 カテゴリごとに五十音で並べておりますので、気になった記事があれば是非みてみてください。 随時、一覧ページが実態と合うようになる予定です。

三政さん(おそ松さん的な感じで) 中島貞夫監督『バカ政ホラ政トッパ政』(1976年)

『バカ政ホラ政トッパ政』(1976年)は中島貞夫監督作品で、主演を菅原文太がつとめています。いわゆる東映ヤクザ実録路線の一本に数えられる作品です。 バカ政ホラ政トッパ政 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2015/11/11 メディ…

吸血鬼は語る。トム・クルーズとブラピ/インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

吸血鬼といえば、すっかり手垢がついた題材です。 人間の生き血を飲むことで、永遠に生きることが出来るバケモノ。 そのあまりに残酷で、残酷でありながら、永遠に生きる存在として、数々のドラマのもとになっていますが、これからもその題材は使われ続ける…

破天荒な若手総会屋を描く傑作! 松方弘樹主演『暴力金脈』(1975年)

個人的な話で恐縮ですが、何者でもない若者が金(や力や女)を求めて成り上がる、という分かりやすい話が大好きで、不良性感度ビンビンの東映はそんな私の性分にピッタリなのであります。 そんなわけで今回ご紹介する映画は中島貞夫監督『暴力金脈』。 これ…

スポンサードリンク