読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

爆裂!相米ワールド 『ションベン・ライダー』(1983年)

『ションベン・ライダー』。 相米慎二の三作目(『翔んだカップル』、『セーラー服と機関銃』に続く)であり、主演をつとめた河合美智子と永瀬正敏にとってはデビュー作(主要登場人物である少年少女のもう一人は坂上忍)。 不可解にしてエネルギーに満ち溢…

相米慎二監督、デビューす。 『翔んだカップル オリジナル版』(1982年)

『翔んだカップル オリジナル版』は1980年に公開された『翔んだカップル』のディレクターズ・カット版で15分ほど長くなっております。 相米監督のデビュー作でもあり、鶴見辰吾・薬師丸ひろ子の初主演作品という初々しい作品です。 その後、開花することにな…

相米慎二、かく語りき。 『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982年)

今回は本編公開の翌年に公開された薬師丸ひろ子主演の『セーラー服と機関銃 完璧版』について語りたいと思います。 四代目は女子高生 『完璧版』とは編集の段階で切り落とされた部分を追加したディレクターズカット版です。本編が予想外の大ヒットを記録した…

「境界線」をテーマに名作を読み解く  相米慎二監督『お引越し』

ニャロ目でございやす。 今回は『台風クラブ』に続いて、相米慎二監督の『お引越し』(1993年、124分)をとりあげたいと思います。 最近、レンタルでもDVDの取り扱いが始まった(?)ようですので、観賞しやすくなりましたね。 漆場家の人々 ・漆場レンコ(…

相米慎二の演出術 『台風クラブ』

こんばんは、ニャロ目でございやす。 今日は雨が降り続いていましたので、ちょうどいい機会だと思い、相米慎二監督『台風クラブ』(1985年、115分)を観返しました。 いやー、やっぱ何度観てもいい映画です。 独特の画面作りに定評のある相米監督。 今作も少…

スポンサードリンク