読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

松方弘樹出演のヤクザ映画を振り返る

近年、映画関係の大御所たちが鬼籍に入ることが多くなっています。 私が好きな任侠・ヤクザ映画でも高倉健、菅原文太、安藤昇、曽根晴美・・・。 ヤクザ映画の黄金期がすでに40年前ですので亡くなる方が多いのも仕方ないことです。 しかし、実際に訃報を耳にす…

映画で見る明友会事件の裏表~裏篇~ 『実録外伝 大阪電撃作戦』(1976年)

今回は松方弘樹主演、中島貞夫監督・高田宏治脚本の『実録外伝 大阪電撃作戦』を取り上げます。 やくざの抗争事件の中に明友会事件というものがあり、大阪の愚連隊である明友会がそれとは知らずに山口組三代目にいちゃもんをつけ、そのために討伐隊が結成さ…

松方弘樹VS小林旭 『広島仁義 人質奪回作戦』(1976年)

今回ご紹介する映画は、1976年公開の『広島仁義 人質奪回作戦』牧口雄二監督作品です。 牧口雄二といえば『玉割り人ゆき』(1975年)や『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(1976年)などを監督したカルト的に人気のある方で、やくざ路線の作品は本作のみかと思わ…

君は「松方弘樹刑務所三部作」を観たか?

東映には知る人ぞ知る、通称「松方弘樹刑務所三部作」というシリーズがあります。 名前どおり、松方弘樹主演で、主人公は基本的には刑務所で服役しています。ですが、刑務所内での待遇の悪さに苦しんだり、外への憧れを捨てきれずに何度も脱獄を繰り返すなど…

アシバー(沖縄やくざ)、喰らいあう 松方弘樹・千葉真一『沖縄10年戦争』(1978年)

第二次世界大戦前には存在しなかったといわれる沖縄ヤクザが、本土復帰を前に大同団結をし本土ヤクザの侵略に備えるものの、次第に内部分裂していくという内容の『沖縄10年戦争』。 沖繩10年戦争 [VHS] 出版社/メーカー: 東映ビデオ 発売日: 1987/04/10 メデ…

松方弘樹刑務所シリーズ最終作 『強盗放火殺人囚』(1975年)

今回は山下耕作監督『強盗放火殺人囚』を取り上げたいと思います。 なんと東映らしい直接的かつ刺激的なタイトルでしょうか。 しかも併映作品が『東京ディープスロート夫人』というちょっと頭がどうにかしたんじゃないかという素敵すぎる題名です。 この頃の…

実録やくざ映画・完結篇 松方弘樹・深作欣二『北陸代理戦争』(1977年)

本日は東映の実録やくざ映画路線の極北ともいわれる、『北陸代理戦争』(1977年)をとりあげたいと思います。 主演は松方弘樹、監督は深作欣二です。 北陸、福井を中心とした地元ヤクザの対立、そしてそれに絡んでくる大阪の巨大ヤクザ組織との戦いがスリリ…

戦争、だ~いすき 中島貞夫監督『沖縄やくざ戦争』(1976年)

本日は東映ヤクザ映画狂気の作品『沖縄やくざ戦争』(1976年、中島貞夫監督)を取り上げたいと思います。 血で血を洗う抗争! 『沖縄やくざ戦争』は激しすぎる実録映画 実録ヤクザ映画の一つとして位置づけられる『沖縄やくざ戦争』は現実に発生した抗争事件…

松方弘樹は刑務所を出る 『脱獄広島殺人囚』(1974年)

松方弘樹刑務所シリーズの第一弾!! 本作はあの『仁義なき戦い』シリーズで菅原文太が演じた広能のモデルである美能幸三から、脱獄を何度も繰り返した男がいるとの情報を入手した日下部五朗(東映のプロデューサー)のアイデアから生まれた作品です。 監督…

破天荒な若手総会屋を描く傑作! 松方弘樹主演『暴力金脈』(1975年)

個人的な話で恐縮ですが、何者でもない若者が金(や力や女)を求めて成り上がる、という分かりやすい話が大好きで、不良性感度ビンビンの東映はそんな私の性分にピッタリなのであります。 そんなわけで今回ご紹介する映画は中島貞夫監督『暴力金脈』。 これ…

松方弘樹は三度死ぬ   『仁義なき戦い』シリーズより

はじめに 映画『仁義なき戦い』シリーズの大きな特徴として、「同じ役者が別人として複数回登場する」ことが挙げられる。 こんな画期的な方法がいまだかつてあっただろうか(まあ、じつはあります。東映はよく使ってます)。 『仁義なき戦い』シリーズ(この…

スポンサードリンク