読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマトブログ

映画の評論・感想を紹介するサークル「ブヴァールとペキュシェ」によるブログです。不定期ですが必ず20:00に更新します

任侠・やくざ映画

やくざフレンズ 『アウトレイジ 最終章』2017年10月公開予定

北野武監督の唯一のシリーズ映画『アウトレイジ』の最新作にして最終作(予定)の『アウトレイジ 最終章』が2017年10月7日に公開されます。監督の実に18本目の作品です。 本項では現時点で分かっている情報を簡潔にまとめ、映画公開に向けて静かにテンション…

松方弘樹主演作、次々続々DVD化!

2017年1月に亡くなった松方弘樹の絶版・入手困難な主演作が次々とソフト化されています。 これまでは有料動画配信サイトなどで観られたものの実際に手元に置いておきたいというファンの方は嬉しいことですよね。 簡単に特集してみます。 まずは「松方弘樹脱…

渡瀬恒彦『鉄砲玉の美学』まさかのDVD化! 

渡瀬恒彦氏が亡くなった影響と思われますが主演作のDVD化が次々と発表されました。 せっかくなのでわかっている限りの情報をここにまとめてみます! まずはまさかのDVD化!『鉄砲玉の美学』! 鉄砲玉の美学 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)…

狂犬・渡瀬恒彦のたたずまい 完結編

松方弘樹に続き、渡瀬恒彦もこの世を去りました。 深作監督や脚本家の笠原和夫はあの世で何を思うでしょう。 次々やってくる『仁義なき戦い』のキャスト陣をみて、新しい映画製作に燃えているのかもしれません。 本稿では、名優・渡瀬恒彦が最も輝いていたと…

松方弘樹出演のヤクザ映画を振り返る

近年、映画関係の大御所たちが鬼籍に入ることが多くなっています。 私が好きな任侠・ヤクザ映画でも高倉健、菅原文太、安藤昇、曽根晴美・・・。 ヤクザ映画の黄金期がすでに40年前ですので亡くなる方が多いのも仕方ないことです。 しかし、実際に訃報を耳にす…

やくざだけど野球をやってみた。 岡本喜八『ダイナマイトどんどん』(1978年)

今回ご紹介する映画は岡本喜八監督の『ダイナマイトどんどん』。 戦後、民主主義がアメリカから持ち込まれたことにより、それまでの血で血を洗う「抗争」から「野球」でやくざ同士を競わせて、平和的に社会に溶け込ませるという内容。 実際に東映などの任侠…

相米慎二、かく語りき。 『セーラー服と機関銃 完璧版』(1982年)

今回は本編公開の翌年に公開された薬師丸ひろ子主演の『セーラー服と機関銃 完璧版』について語りたいと思います。 四代目は女子高生 『完璧版』とは編集の段階で切り落とされた部分を追加したディレクターズカット版です。本編が予想外の大ヒットを記録した…

あの時君は若かった!? 『仁義なき戦い』の役者は撮影時、何歳だったの?

どう見てもカタギの方とは思えない俳優陣が迫力ある演技を披露する『仁義なき戦い』。特に第一部は山守組内部抗争の歴史(10年以上)をスリリングに描写していて、荒波にもまれたようなカメラの動きに呼応するように役者たちもノリノリな演技を見せてくれま…

狂犬・渡瀬恒彦のたたずまい

今回は俳優・渡瀬恒彦氏の若かりし頃(つまりは東映のヤクザ映画に出演していた頃)の溢れる魅力について書きます。 渡瀬恒彦の魅力とは? まずはなんといってもその「眼の力」。 彼の演じるチンピラがなぜ魅力的かというとその眼の鋭さ/凶暴さにあります。…

五部作、堂々の完結! 『仁義なき戦い 完結篇』(1974年)

今回は『仁義なき戦い』シリーズのラスト作品である、五作目の『完結篇』を取り上げます。 各組織の逮捕により収束したはずの広島抗争。しかし、これまで闘争の中心であった広能や武田より若い世代が次第に台頭しはじめ、まだまだ広島やくざの争いは終わりそ…

シリーズ4作目! 『仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年)

前作『代理戦争』から引き続き、大規模抗争が描かれる本作。今回は警察側も黙っておらずそれぞれの組のトップ・幹部の逮捕による抗争の終結を狙った「頂上作戦」が展開されます。果たして広能はじめとする広島やくざたちはどうなるのでしょうか。 簡単なあら…

シリーズ3作目! 『仁義なき戦い 代理戦争』(1973年)

番外編であるニ作目『広島死闘篇』を挟んだ三作目。一作目の実質的な続編となり、四作目『頂上作戦』とセットの作品でもあります。 ますます人間関係は複雑怪奇、抗争の規模も呉だけではなく広島市、そして神戸の大組織が絡んでくるなど波乱に満ちた展開が描…

菅原文太の五大シリーズを振り返ってみる

今回は映画俳優・菅原文太が東映にて遺した五つのシリーズもののを振り返ってまとめてみたいと思います。 どれも見ごたえがあり人気のあったシリーズですので興味がある方はどんどん掘り進めていって下さい!(ちなみに自分は今回とりあげた作品のうち、まだ…

映画は暴力なり 深作欣二『仁義なき戦い』(1973年)

あまりに有名すぎる本作品。 深作監督語るところによれば、この作品のテーマは一貫して「暴力」。 その後の映画そのものに大きな影響を与えることになった、このビッグシリーズの一作目は、「暴力」が最もストレートに生き生きと観客の前に提示されます。 そ…

映画で見る明友会事件の裏表~表篇~ 『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』(1975年)

今回は明友会事件を取り扱った映画である『日本暴力列島 京阪神殺しの軍団』を取り上げます。監督は「将軍」こと山下耕作。 この作品では明友会事件を狩る側として柳川組組長をモデルとした主人公を演じる小林旭たちが登場します。 翌年公開された『実録外伝…

映画で見る明友会事件の裏表~裏篇~ 『実録外伝 大阪電撃作戦』(1976年)

今回は松方弘樹主演、中島貞夫監督・高田宏治脚本の『実録外伝 大阪電撃作戦』を取り上げます。 やくざの抗争事件の中に明友会事件というものがあり、大阪の愚連隊である明友会がそれとは知らずに山口組三代目にいちゃもんをつけ、そのために討伐隊が結成さ…

沖縄を舞台にしたヤクザ映画はだいたい傑作という説を唱え隊。

ヤクザ映画in沖縄 今回は沖縄を舞台にしたヤクザ映画をまとめてご紹介したいと思います。 やくざといえば網走刑務所、なんてイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。 確かに高倉健主演の『網走番外地』シリーズもありますし、北海道の閉ざされた雰囲…

やくざと役者は一字違い 安藤昇特集!!

本日は、かつて愚連隊/やくざのアタマを張りながらも引退、その後は役者や実業家として大活躍した異色の俳優、安藤昇をとりあげたいと思います。 安藤昇 90歳の遺言 作者: 向谷匡史 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/05/31 メディア: 単行本 この商…

ヤクザ、新たなる混乱を求めて 深作欣二『博徒外人部隊』(1971年)

今回は深作欣二監督の1971年の作品『博徒外人部隊』を取り上げます。 鶴田浩二主演で、「任侠映画からヤクザ映画」への移行期にあたる時期に撮られた作品です。 七人のやくざ、集合す ストーリーは非常に分かりやすいです。 横浜には、郡司(鶴田浩二)の所…

Amazonビデオで観る激レアやくざ映画!!

最近はVHSでしか販売されていなかった商品も動画配信サービスで気軽に観られるようになりました。 一癖ある映画好きな方にも嬉しい時代になってきましたね。 特に地方に住んでいるとたとえ名画座にかかるような映画でもそもそもそんな名画座がないという…。…

松方弘樹VS小林旭 『広島仁義 人質奪回作戦』(1976年)

今回ご紹介する映画は、1976年公開の『広島仁義 人質奪回作戦』牧口雄二監督作品です。 牧口雄二といえば『玉割り人ゆき』(1975年)や『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(1976年)などを監督したカルト的に人気のある方で、やくざ路線の作品は本作のみかと思わ…

君は「松方弘樹刑務所三部作」を観たか?

東映には知る人ぞ知る、通称「松方弘樹刑務所三部作」というシリーズがあります。 名前どおり、松方弘樹主演で、主人公は基本的には刑務所で服役しています。ですが、刑務所内での待遇の悪さに苦しんだり、外への憧れを捨てきれずに何度も脱獄を繰り返すなど…

アシバー(沖縄やくざ)、喰らいあう 松方弘樹・千葉真一『沖縄10年戦争』(1978年)

第二次世界大戦前には存在しなかったといわれる沖縄ヤクザが、本土復帰を前に大同団結をし本土ヤクザの侵略に備えるものの、次第に内部分裂していくという内容の『沖縄10年戦争』。 沖繩10年戦争 [VHS] 出版社/メーカー: 東映ビデオ 発売日: 1987/04/10 メデ…

松方弘樹刑務所シリーズ最終作 『強盗放火殺人囚』(1975年)

今回は山下耕作監督『強盗放火殺人囚』を取り上げたいと思います。 なんと東映らしい直接的かつ刺激的なタイトルでしょうか。 しかも併映作品が『東京ディープスロート夫人』というちょっと頭がどうにかしたんじゃないかという素敵すぎる題名です。 この頃の…

実録やくざ映画・完結篇 松方弘樹・深作欣二『北陸代理戦争』(1977年)

本日は東映の実録やくざ映画路線の極北ともいわれる、『北陸代理戦争』(1977年)をとりあげたいと思います。 主演は松方弘樹、監督は深作欣二です。 北陸、福井を中心とした地元ヤクザの対立、そしてそれに絡んでくる大阪の巨大ヤクザ組織との戦いがスリリ…

戦争、だ~いすき 中島貞夫監督『沖縄やくざ戦争』(1976年)

本日は東映ヤクザ映画狂気の作品『沖縄やくざ戦争』(1976年、中島貞夫監督)を取り上げたいと思います。 血で血を洗う抗争! 『沖縄やくざ戦争』は激しすぎる実録映画 実録ヤクザ映画の一つとして位置づけられる『沖縄やくざ戦争』は現実に発生した抗争事件…

渡瀬恒彦、弾ける。 中島貞夫『鉄砲玉の美学』(1972年)

ふざけるんじゃねえよ、ウサギじゃねえんだぜ。 『鉄砲玉の美学』は非常にレアな映画で、DVD化されていません。 一番簡単な視聴方法が、GYAO!ストアなどの動画配信サービスで購入(レンタル)する、というもの。 私もこの方法で視聴しました。家にいながらし…

松方弘樹は刑務所を出る 『脱獄広島殺人囚』(1974年)

松方弘樹刑務所シリーズの第一弾!! 本作はあの『仁義なき戦い』シリーズで菅原文太が演じた広能のモデルである美能幸三から、脱獄を何度も繰り返した男がいるとの情報を入手した日下部五朗(東映のプロデューサー)のアイデアから生まれた作品です。 監督…

仁義なき戦い 銀座篇  佐藤純弥監督『実録 私設銀座警察』(1973年)

今回は私が特に愛してやまない作品をご紹介したいと思います。 それは佐藤純弥監督『実録 私設銀座警察』でございます。 安藤昇、渡瀬恒彦、梅宮辰夫ら東映ヤクザ映画でおなじみの面々が戦後の混乱期から復興へ向けて沸く銀座を舞台に成り上がっていく様子を…

本当に仁義なき戦い 菅原文太『人斬り与太 狂犬三兄弟』(1972年)

仁義なき戦いよりも仁義がない 今回ご紹介する『人斬り与太 狂犬三兄弟』は深作欣二監督による作品です。従来の仁侠映画路線を意図的に外して「ワルすぎる」ヤクザを主役にし、本作と同じ深作・菅原コンビによる『仁義なき戦い』シリーズへと発展する記念す…

安藤組、解散  『安藤組外伝 人斬り舎弟』(1974年)

本日は実録安藤組シリーズの番外編である『安藤組外伝 人斬り舎弟』についてお話したいと思います。監督は中島貞夫、主演は番外編ということで(安藤昇ではなく)菅原文太です。 安藤組外伝 人斬り舎弟 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発…

三政さん(おそ松さん的な感じで) 中島貞夫監督『バカ政ホラ政トッパ政』(1976年)

『バカ政ホラ政トッパ政』(1976年)は中島貞夫監督作品で、主演を菅原文太がつとめています。いわゆる東映ヤクザ実録路線の一本に数えられる作品です。 バカ政ホラ政トッパ政 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2015/11/11 メディ…

破天荒な若手総会屋を描く傑作! 松方弘樹主演『暴力金脈』(1975年)

個人的な話で恐縮ですが、何者でもない若者が金(や力や女)を求めて成り上がる、という分かりやすい話が大好きで、不良性感度ビンビンの東映はそんな私の性分にピッタリなのであります。 そんなわけで今回ご紹介する映画は中島貞夫監督『暴力金脈』。 これ…

深作欣二×北大路欣也の隠れた名作! 『資金源強奪』(1975年)

知名度はそこまで高くはないかもしれませんが、まぎれもない傑作をご紹介させていただきます。 深作欣二(本作ではひらがなの「ふかさくきんじ」名義)監督、北大路欣也主演の『資金源強奪』です! 資金源強奪 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE…

狂気の暗黒ドキュメンタリー 『やくざ残酷秘録 片腕切断』(1976年)

安藤昇の関わった映画 数々の映画に出演し、自分自身をモデルとした役だけでなく脇役としても存在感を発揮した安藤昇。彼がナレーションを担当した映画が1976年に公開されました。 監督は椎塚彰と安藤昇(安藤は「企画・構成」としてクレジットされたそうで…

安藤組vs国家権力 『実録安藤組 襲撃篇』(1973年)

本作は『やくざと抗争 実録安藤組』に続く、実録安藤組シリーズの一本です。 前作の終盤において安藤昇たちは安藤組(作中では矢頭組)を結成しました。その後、表向きは一企業として看板を掲げた安藤たちに組の未来を大きく左右する事件が起こりました。 実…

安藤組、爆誕。 『やくざと抗争 実録安藤組』(1973年)

1973年の映画たち 1973年は日本映画にとって非常に重要な年です。この年の1月に『仁義なき戦い』が封切され、新たなヤクザ映画の誕生に観客は沸き、続く4月にシリーズ最高傑作ともいわれる『仁義なき戦い 広島死闘篇』、さらに9月には第1部の群像劇をより拡…

赤飯と菅原文太   深作欣二『現代やくざ 人斬り与太』(1972年)

『現代やくざ』シリーズは菅原文太が主演していることをのぞけば、各作品に時系列的なつながりはありません。監督もころころ変わります。 本作はシリーズ第5弾で、『仁義なき戦い』でおなじみの深作欣二がメガホンをとっております。 深作監督作品を筆頭とす…

野坂昭如の歌が響いて・・・  『現代やくざ 血桜三兄弟』(1971年)

本日は菅原文太主演『現代やくざ』シリーズの4作目、中島貞夫監督の『現代やくざ 血桜三兄弟』を取り上げたいと思います! 血桜三兄弟とはこれまた素敵なタイトルでございまするが、これは菅原文太、伊吹吾郎、渡瀬恒彦の三人を意味しております。文太と吾郎…

慕情は国を越えて   鈴木則文『まむしの兄弟 恐喝三億円』(1973年)

本日は『まむしの兄弟』シリーズから6作目の『恐喝三億円』を取り上げたいと思います! ちなみに『恐喝』と書いて『かつあげ』と読むみたいです。 かつあげで三億円なんて景気がいいったらありゃしないですね!(どうやら映画公開の5年前にいわゆる三億円事…

鈴木則文の演出術   菅原文太主演『関東テキヤ一家』(1969年)

今回はこの後に『トラック野郎』シリーズを生み出すことになる、菅原文太と鈴木則文監督のコンビによる『関東テキヤ一家』シリーズの1作目をご紹介! 関東テキヤ一家 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2009/07/21 メディア: DVD ク…

昭和十年、東京にて。  中島貞夫『まむしの兄弟 懲役十三回』(1972年)

『まむしの兄弟』シリーズの3作目。監督は中島貞夫。なぜか舞台を昭和十年に移し製作された作品です! 主な登場人物 政(菅原文太)・・・まむしの兄弟。 勝(川地民夫)・・・まむしの兄弟、弟分。 弥之助(天知茂)・・・浅草菊村一家の代貸(だいがし)。…

ヤクザ映画おすすめブックガイド!

今回はヤクザ・任侠映画を観る前・観た後に読むと大変オモチロイ本を紹介してしまいます! ヤクザ映画なんて観たことないよー! という人でも楽しめるような本、実際に自分が読んでみてよかったと思う本を紹介しますので、気になる方はぜひぜひ手に取ってく…

おかめ横丁戦争   中島貞夫『まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯』(1972年)

今日は中島貞夫監督作品『まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯』を取り上げます。『まむしの兄弟』シリーズの4作目となります。 主な登場人物 ・政太郎(菅原文太)・・・「まむしの兄弟」。政太郎。 ・勝次(川地民夫)・・・「まむしの兄弟」。不死身の勝。政をア…

おかあやんとヤサグレのジュン  『まむしの兄弟 二人合わせて30犯』(1974年)

今日は菅原文太・川地民夫主演の人気シリーズ『まむしの兄弟』の7作目『二人合わせて30犯』(1974年公開)を取り上げてみたいと思います! 監督は大物監督の工藤栄一。脚本は鴨井達比古が担当しています。 まむしの兄弟 二人合わせて30犯 [DVD] 出版社/メー…

文太と由美子、その悲恋のゆくえ  佐伯清『現代やくざ 盃返します』(1971年)

今回は菅原文太主演、佐伯清監督『現代やくざ 盃返します』(1971年)を取り上げます。 『現代やくざ』シリーズは菅原文太の代表作の一つです。とはいえ、あまりヤクザ映画に興味のない方、あまり観たことない方は聞きなじみのないシリーズだと思われます。…

夜桜銀次、死神を背負う男  『山口組外伝 九州進行作戦』(1974年)

大変、お久しぶりです。ニャロ目です。 今回は菅原文太主演、山下耕作監督の1974年の東映実録路線の傑作である『山口組外伝 九州進行作戦』を取り上げたいと思います。 長らくソフト化が待たれていましたが、山口組の最近の騒動を知ってかしらずか、2015年に…

現代風にアレンジされた「正統な」ヤクザ映画  北野武『龍三と七人の子分たち』

2015年現在、北野武最新作である『龍三と七人の子分たち』をDVDで観賞しました。『アウトレイジ』前後からエンターテインメントを志して映画製作を続けてきた北野監督。本作品の見どころを紹介します。 龍三と七人の子分たち [DVD] 出版社/メーカー: バンダ…

悪臭ふんぷんたるレジスタンス  深作欣二『狼と豚と人間』

今回は深作欣二監督のギャング映画『狼と豚と人間』(1964年、95分)を取り上げます。 出演は高倉健(黒木次郎=次男)、三國連太郎(黒木市郎=長男)、北大路欣也(黒木三郎=三男)というそうそうたるメンツでございます。もう50年前の作品なんですね~。…

この男もまた、凶暴につき…  深作欣二監督『やくざの墓場 くちなしの花』

今回は前回に続き、深作欣二監督である『やくざの墓場 くちなしの花』(1976年、96分)を取り上げます。 この作品は同じく渡哲也主演『仁義の墓場』の内容のつながりはないものの続編的な位置にあり、同じく深作監督の『県警対組織暴力』などにも通じる「ヤ…

スポンサードリンク